Lata /  profile

1981年新潟県に生まれる。モンテッソーリ教育の幼稚園で学ぶ。

幼少より音楽やダンスを学び、ヨガやモノ造りと共に育つ。

高校生の時にダンス部へ入部。アメリカで行われた「ミスダンス&ドリルインターナショナル」に出場。

リリカルの部、ノヴェルティーの部にて1位を受賞。

ダンスの交換留学としてロシアのイルクーツク市へ訪問。


日本女子体育大学舞踊学専攻へ入学。舞踊を体系的に学ぶ。

大学卒業後、東京にてダンサー振付家として作品制作を中心に活動。

横浜ダンスコンペティションファイナリスト、TOYOTAコレオグラフィアワードショーケースに選出。

アメリカやヨーロッパに渡り、バレエやピラティス、コンテンポラリーダンスのテクニックを集中的に学ぶ。

ネヴァタ州立大学にて運動解剖学を学び、同大学公認ピラティスインストラクター資格取得。

この頃、過剰労働や睡眠不足、プレッシャーの中で、摂食障害や鬱状態を体験。

西洋的なダンスを追求する中で心身ともに限界を感じ、

東洋的な思想を伴った身体ワークやダンスワークに触れるようになる。


2004年初渡印。ヨガの聖地リシケシにてスワミ・モハメット・マハリタに師事。

タントラヨーガとアーユルヴェーダに出会う。

そこから人生観がガラリと変わり、たびたび渡印し学びを続ける。


2009年からダンスと共に世界を旅する。

民族舞踊はもちろん、ヨガをはじめとした身体ワーク、エネルギーワーク、

瞑想、シャーマニックな儀式に触れて暮らすようになる。

世界各地で出会ったアーティストと共にパフォーマンスや作品制作を続け、

2013年に肝炎にかかり療養のため日本に一時帰国。


そのタイミングで現在のパートナーであるMasatoと出会い、

アートスペースやヴィーガンカフェの制作や企画業を始める。


2016年頃、新潟県五泉市の里山に移住し、

インテグラルヨガ&アートセンターを設立。

農のある暮らしを実践しながら、

身体ワークやセルフビルド(家作り)を中心に据えたコミュニティー作りを始める。


5年目にして火事で全焼。

2021年、流れのままに沖縄県の今帰仁村に移住。


yogaを始めてから、いくたびかの神秘体験を経て、

2019年にクンダリーニの覚醒を体験。

ヨガやダンスの密なる教えを通して、世界に調和を取り戻していくことを決意する。


現在は一時の母となり、

現代の人々に覚醒をもたらすことを目的としたヨガ、yogic Alchemyを創設。

地球意識で生きる人を増やし、

この地球を真実の姿に戻すため、

できることをコツコツやりながらのんびり暮らしている。


暮らしに余白を持ち続けることが最近のテーマ。


*出演・作品*

2010 瀬戸内国際芸術祭出演

2013 NO BORDER PROJECT(タイ、中国)ゲスト参加。

2014 ジェジュ国際実験芸術祭出演(韓国)

2014 『contact×Contact』出演 with vangelis legakis

2015 水と土の芸術祭『Green factory』

2018 森の音ピクニック『いのちのしま』

2019 『Sound journey 音の旅』音楽:Aki-ra Sunrise


*修了*

2004年 日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。

2005年 ヨガ&アーユルヴェーダコース終了(インド)

2006年 ネヴァタ州立大学公認ピラティスインストラクター資格取得

2007年 レイキヒーリングレベル1,2終了(インド)

2014年 シータヒーリング基礎コース終了(インド)

2014年 コミュニティダンスファシリテーター資格取得

2015年 アーユルヴェーダ&ヨーガ二ドラセラピスト資格取得

2017年 チャクラワークヨガインストラクター資格取得