manakiのこと。

蓮がお昼寝してくれたので続けて投稿!イマノウチだー!!


10月にマナキという氣功を伝えているコウくんが来てくれます。

先月奥さんのゆうみちゃんが10ヶ月の赤ちゃんと共にうちに遊びに来てくれて、

コウくんのmanakiのお話をしてくれて、私はピンと来ました。

New generation だわ。


これ、必要で、届く人がきっといる。

そしてコウくんは必要な人にちゃんと繋がって伝えるチカラを持ってる人だ!と。


Aki-ra Sunriseとも一緒に氣功のイベントをやって来たというコウくん。


最近の私のキーワードが

「暮らしのあたらしいあたりまえ。」

実はそんなタイトルで執筆も始めたのです。コツコツ。(それはいずれ。。。)


コウくんの世界観は、誰か特別な人のためじゃなく、

健康オタクとか、ヨガオタクとか、上下オタクとか、エネルギーオタクとか

(そうです!過去の私!笑)

マニアックな人のためじゃなく、


普通に毎日を生きる、普通の人にとって心地よいテンポで空氣感で

むしろおしゃれに、「氣功」っていうものを身に纏うように

軽く学べるまさに「あたらしいあたりまえ。」の世界観。


きっと、「本格的に学びたい!」とかではなく

あたりまえにさらっと「本質を身に付けたい」「嗜みたい」という人の心に届くはず。


そんなヒラメキで企画してみました。


ちなみに氣という漢字なのですが、今では気という字に変えられてしまっていますよね。
本当は「キ」の中には四方八方に広がるお米のエネルギーが入っている。
だけれど、戦後、キをシメル、× に変わってしまった。

感覚というのは不思議なもので、「気」という字を使っていると
「キ」っていうのは張り詰めたもので、かたいもののような感覚で生きることになっていく。

「氣」を使うようになると、
キが柔らかく、かたちなく膨らんでいくものなのだということをカラダが理解し始める。

私は「気」という字を見ると、胸と喉が仕えて苦しくなる。

同じキでも、その文字の持っているエネルギー(キ)は違うんです。
ってダジャレみたい?

フライヤーを作る時、コウくんはそんなことを知らない人にも馴染みやすいように敢えて
「気」を使おうと提案してくれましたが、
私の方で、新潟の人はあたりまえに知っていて「氣」を使っている人が多いから
「氣」という字を使わせていただきました。

そんなところでも、優しいなぁとコウくんの優しさと寄り添う姿勢を感じたわけです。


コウくんはmanakiの半年コースというのを全国で開催していて、

長い期間をかけて、身に付け、感覚を自分のものにしていくという教室をやっています。


今回の開催でしっくり来た人たちが

定期的に集って学んで、生活に還元して行ける場所が

新潟にもできたら素敵だなぁと考えています。


ピンと来た方は是非ご参加ください。


私はいつものようにご飯を作りますので、

学びの時間が終わったらベジご飯でほっとしましょう。


それにしても、こうやって目に見えないあたりまえの世界のことを

みんなが学べるような場所が増えていくと、

エネルギーってどんどん循環して行って

あっという間に地域のエネルギーが入れ替わっていきますね。


最近、そんなエネルギーのおそうじ屋さんや革命家、

時が時ならこの人は神社に祀られるだろうって人とか(笑)

自分のお役目をキラキラしながら全うしている天才たちが周りにたくさんいて

なんとも言えない安心感に支えられています。


manakiの会もそんな時間の一つになると思っています。


「いきたい!」

と思ってくれた方、「あ!きっとこの人にもいいかも!」

と思ってくれた方、どうぞ周りの方にそっと教えてあげてください。


ぴったりの人たちが集まると思っているのだけれど

皆さんも後押しして

「必要なあの人」に届くように

お手伝いしてくれると嬉しいです。


*イベントページ*

https://www.facebook.com/167503050109241/photos/gm.378464486166252/1163607823832087/?type=3&av=167503050109241&eav=AfYIy5I1VPJLxJdOTmDdvCl5BwV0FFKpuUH-fTucmr1stPr3Gq60YL2I4MAcMk5tonk&theater


お申し込み・お問い合わせは

breathingart.0@gmail.comまで。

0コメント

  • 1000 / 1000

Breathing Art.

B r e a t h I n g A r t . * s I n c e 2 0 1 0 *